あのにのに

僕の雑記

Firebase Functionsをゲームサーバーにしてみよう。

f:id:anoChick:20170718021908p:plain

Firebase DatabaseとUnityでオンラインゲームを作るとして、 サーバーというか、GlobalManagerロールをどうしようってなったので Firebase Functionsでやってみようと思います。

今回やることは

1分ごとに、 - マップ上にランダムに木を生成する。 - ゲーム内時間を進める。

データ構造

{
  "world": {
    "time": 1,
    "resources": {
      "wood": 0
    },
    "objects": [
      {
        "type": "wood",
        "position": {
          "x":0,
          "y":0,
          "x":0,
        }
      }, {
        "type": "wood",
        "position": {
          "x":2,
          "y":0,
          "x":0,
        }
      }
    ]
  }
}

こんな感じかな。 Functionsでobjectsにwoodを入れていく。

プレイヤーは木を切るとresources.woodを+1する。

やっていく

https://console.firebase.google.com まず適当にFirebaseプロジェクトを作る

npm install -g firebase-tools

firebaseのCLIをインストールして、 適当な空のディレクトリに移動してから

$ firebase init functions

生成されたindex.jsの中は

const functions = require('firebase-functions');
const admin = require('firebase-admin');
admin.initializeApp(functions.config().firebase);

exports.tick = functions.https.onRequest((request, response) => {
  admin.database().ref('/world/time').once("value")
    .then(snapshot => {
      admin.database().ref('/world/time').set(1 + snapshot.val());
    })
  admin.database().ref("/world/objects").push({
    type: 'tree',
    position: {
      x: Math.floor(Math.random() * 51),
      y: 1,
      z: Math.floor(Math.random() * 51)
    }
  });
  response.status(200).end();
});

こんな感じ。

コードの記述が終わったらデプロイをする。

$ firebase deploy --only functions

これでHTTPSのエンドポイントURLが発行される。

定期的に実行する

cron-job.org - Free cronjobs - from minutely to once a year.

これとか使ってみます。 定期的にHTTPリクエストを送ってくれるサービス。 1分毎に叩くように設定してみた。

これで 「1分毎に新たに木が生え、ゲーム内時間が進む」 が実装されました。